0.0006倍の力を感じる女

台湾生活

こちらの端午節は旧暦の5月5日。

台湾では端午節にイベントがあります。今回も4連休でした。

中華文化である台湾は端午節には、日本で言う中華チマキを食べます。家の門にはよもぎなどの葉を飾ったり、匂い袋を作って虫除けをしたり。そして、ドラゴンボートの大会などが開催されます。

ドラゴンボートと、中華チマキを食べると言うのは歴史物語からきています。

悲劇の英雄

楚の王族であった屈原は、博識の上政治的手腕にも優れていたため、王に信任されて要職に就きます。しかし他の官僚の妬みにあい失脚、最後には長沙(現在の湖南省)に左遷されてしまいます。

王に見放された屈原は、楚の未来を憂いつつ汨羅(べきら)の淵に身を投げ、失意のうちにその一生を終えました。

とらやHPより


5月5日はこの屈原さんの命日の供養になります。

河に身を投げた屈原を探すために皆がボートで探し、河に住む魚たちに体を食べられないように、チマキを撒いた。とも言われています。もう一つはこの河にはある一種の龍が住んでおり、供養のために河に投げたものを食べられてしまうとし、竹の皮に包んで中身を食べられないようにした。と言う今のチマキの形になったと言われています。

一番と大きいと言ってもいいイベントがドラゴンボートの大会です。そして、もう一つイベントとしてよく見かけるのが、卵を立てるというイベントなんです。

立蛋(卵を立てる)

今年も立てました。全部で4つ。

私は、この端午節の正午に卵を立てるのを楽しみにしています。

台湾人であるうちの主人は全く興味ありませんが(笑)

生卵を立てるって結構難しいですよね。でも、この日は何故かうまくいくんです!!!!それを端午節の先日に、何故立ちやすいかを調べていると。。。。

とてもショッキングな事実を知るのです。

太陽と地球が一直線上にあるのが5月5日の正午

このかたは台北市長

そこらのアイドルよりも人気な台北市長。私自身も大ファンです。そんな台北市長が、端午節の卵が立ちやすい説について、語っていました。

雖然太陽的質量比較大,問題它離這顆蛋的距離太遠了。所以實際上對這顆蛋來說,地心引力影響大概太陽的0.0006倍。

簡単に言うと、確かに太陽と地球の関係はあるかも知れないけれど、問題は、この卵と太陽の距離が遠すぎる。重力の影響はおおよそ太陽の0.0006倍。

要は、何の影響もないと言いたいのですね。

卵たちやすいって信じてた私は?

そして、今までも卵立ててきたんですが、めっちゃ立てやすいと思ってたんですけど?

数秒で卵立てるで?

とか、めっちゃ言いたいことあるんですけど(笑)科学的にいえばこう言うことだそうです。(笑)

だから、私自身をなだめるために思ったこと。

0.0006倍の力を感じる女なんだと(笑)

0.0006倍のこの力、意外と大きいと思ってます。卵の黄身、重心を指が感じで、卵の軸がわかりやすいです。これ、時間も結構関係しています。

10時30分からまず立て始めて、立てれるか検証。なか中難しく、やはり正午に近づけば近づくほど、やりやすい。その後は13時30分ぐらいになってくると難しい。と私自身は感じました。

もし、これが全くの私の勘違いだったのなら、私は卵立ての名人になれる(笑)

こんな端午節に卵がたちやすいと言って、イベントをしているのは、世界中を見てきっと台湾だけなんだろう。。。。

と思った端午節でした。

もし良ければ、日本でも来年の旧暦の5月5日の正午に試してみてください!!

★随時レッスンのご依頼を受け付けております★

ベリー、コンテンポラリー、バレエダンサー、カポエリスタなど、現役で活躍されておられる方、産後のママさん、親子での体遊び、80歳以上の体づくりなどの経験を通し、一人一人に合わせたレッスンをしています。

また、ショー当日や結婚式など大事な場面での時短でボディメイクも可能です。

マイマイの体の話などをするメールマガジン登録はこちら

日常生活内での体の気付きや身体感覚のシェアをしています。

ちょっとマニアックな内容ですが、これも一つの意見、体って面白い!って思ってもらいたいな。と思いながら不定期ですが、書いています。

良ければ読んでください!

台湾生活
maimaiをフォローする
台湾在住BodiManiA Body.Make.Artist マイマイのブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました